70代男性:肩甲骨から腕の痛みと痺れ

来院動機

肩甲骨から腕の痛みが強く、眠れない状態になりご来院。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

朝起きたら急に肩甲骨から腕の痛みと痺れが出てきた。

よくテニスもされるとのこと。

どのような時に痛みが出るか

・安静時痛

・起き上がった時

・夜間痛

・肩を後ろに引いた時の痛み

・腕から手先(内側)までの痺れ

身体所見と治療、経過

初回施術

座ってるだけでも痛みが強いため、冷却を行い炎症を落ち着かせてから、肩甲骨周りと腕に対してローラー治療を行なった。

痛みのレベルは10/5に減った。

痺れは10/8残る。

2回目施術(2日後)

初回施術の次の日は良かったが、今現在は痛みと痺れが10/9まで戻ってきた。

前回と同じアプローチを行い、10/3まで痛みが落ち着いてきた。

5回目施術(12日後)

前回から痛みは強くならず痺れもだいぶ取れた。

ただ、まだ痛みは残る状態。

12回目施術(1ヶ月後)

現段階だと痛みと痺れは出ない状態になって、テニスも復帰された。

患者様からのコメント

痛みと痺れが嘘かのように改善されて非常に驚いた。

正直、まだ怖いところもあるので再発しないようにテニスをしつつも自分のケアをしっかりと行っていきたい。

担当者からのコメント

テニスに復帰できてよかったです!

ケアを怠ると疲労が溜まってしまい怪我の元になります。

運動後はケアをしてあげると再発のリスクも抑えられるので、これからも頑張ってください!

むち打ちについて詳しくはこちら

むち打ち